所長挨拶

tsujishotyou

 関係者の皆様には、信濃学園の運営につきまして、日頃からご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。また、昨年度は新型コロナウイルス感染症が発生し、多くの皆様方に、ご心配とご迷惑をおかけしましたことに、深くお詫び申し上げます。今後はさらに、感染予防対策に取り組んでまいります。

 さて、信濃学園は、昭和26年4月に開設され、歴史を積み重ねて、令和2年度には開設70周年目の節目の年を迎えました。この間、昭和53年度に松本養護学校信濃学園分室の開校、昭和59年度に現在地への移転、そして、平成23年度からは指定管理者制度が導入され、現在は、社会福祉法人長野県社会福祉事業団が運営を受託しております。

 信濃学園は、長野県下唯一の知的障がいを主とする福祉型障害児入所施設であり、今後とも、社会環境や家庭環境の複雑化により多くの課題を抱えた利用者を、県内全域から受入れる等、セーフティーネット機能の役割を担ってまいる所存でございます。

 そして、「利用者がいつでも生活の「主役」であるために」をキーワードに、利用者一人ひとりに適した支援を実践し、安心・安全そして豊かな生活の場である学園を目指してまいります。

 これからも、利用者の皆様が、毎日、明るく、楽しく、笑顔で生活していただけるように、職員一丸となって努めてまいります。引き続き、関係者の皆様の一層のご理解とご協力をお願いいたします。

 

信濃学園所長 辻󠄀 久明

2022年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30    
« 10月  12月 »
テキストのコピーはできません。