職員行動規範

ほっとジョイブ 職員行動規範

当施設職員は、社会福祉事業団倫理綱領に添い行動の指針として、次に掲げる行動規範に基づき、福祉サービスを提供します。
私たちは、誰もかけがえないのない人生をより豊かに生きていける社会の実現を願っています。
どんなに重い障害を持った利用者であっても、一人ひとりが自らの能力を最大限に発揮し、その人らしいい生活が送れるよう、利用者の人権に配慮し支援していきます。
職員一同気持ちを合わせ、また、関係機関との連携を図り支援を円滑に進めていきます。

支援にあたって、私たち職員は次のことを遵守します。

1 利用者に対し、いかなる理由があっても体罰は一切しない。

2 利用者に威圧的な言動をしない。

3 利用者を呼び捨てにしない。

4 利用者と同じ目線で話し掛け、人格を否定するような発言をしない。

5 情報は、利用者にわかりやすい形で伝え、意思疎通の困難な利用者には、個別のコミュニケーション手段を工夫する。

6 利用者を介助する際は、十分声掛けをしてから働きかける。

7 利用者の自傷・他害等危険な行為を防止するとき及び安全確保のためやむを得ず行動を規制するときは、必要最低限にとどめる。

8 職員に落ち度のあるときは、利用者及び保護者に謝罪する。

2021年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30     
« 10月  12月 »
定休日
テキストのコピーはできません。