所長挨拶

pic1-1佐藤所長写真①

長野県障がい者福祉センター「サンアップル」は、平成10年(1998年)4月に開所以来、スポーツ・レクリエーション、文化芸術活動等を通じて、障がい者の健康増進と社会参加の促進を図るとともに、ノーマライゼーションの理念に基づき、障がいのある人もない人も、誰でもが親しくふれあい、お互いを認め、交流の輪を広げる場としてご利用いただいております。

 

 令和元年度は、10月1日から特定天井等改修工事に伴い、主要施設である体育館・プール・多目的ホールの使用ができなくなりました。

また、同年10月13日未明の台風19号の水害により、サンアップル本所は休館を余儀なくされました。復旧にあたり、多くのボランティア等のご協力や関係団体・個人からの物資等のご支援をいただき、令和2年1月11日に一部再開することができました。しかし、この水害の影響で特定天井等改修工事の工期が延長となり、さらに令和2年3月には新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、サンアップル本所の一部施設の利用制限や休館のみならず、サンアップル・サンスポートともに事業の中止をせざるを得ない状況になりました。

 上半期、サンアップル本所では、さまざまな事業を企画・実施いたしました。さらにサンスポート(駒ケ根、まつもと、佐久、ながの)を拠点として県内全域、各地域へ出向き、スポーツ・レクリエーション事業の普及に努めてまいりました。

 サンスポート佐久は、地域の皆様のご支援・ご協力のもと、開設10周年を迎えることができました。今後もより一層地域に根付いた事業の普及・推進に努めてまいります。

 

 文化事業においては第22回長野県障がい者文化芸術祭をはじめ各種の文化教室、イベント等を開催いたしました。特に上田市で開催した文化芸術祭にて入選された優秀作品の巡回展に併せて、巡回先地域の障がい者施設等と共同した作品展も行ました。準備の為の打合せも含めて文化芸術の啓発活動を行ってまいりました。

 

 昨年度は災害等に見舞われた年度ではありましたが、今後も長野県をはじめ県障がい者スポーツ協会、県聴覚障害者協会等、関係団体との協力のもと利用者へのサービス向上を目指すとともにサンアップルの利用促進を図り、より一層の県内全地域への普及と啓発に努めてまいります。

 

長野県障がい者福祉センター所長 佐藤 靖

2021年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14
 
15 16 17 18 19 20
21
 
22 23 24 25 26 27
28
 
29 30    
« 5月  7月 »
プール清掃
休館日
テキストのコピーはできません。